アラフォー未婚女子が読んだらハマった「甲賀忍法帖」

私の趣味は読書です。
ジャンルは問わず色々な本を読みますが、中でもよく読むのは、時代小説が多いです。
「江戸時代」「戦国時代」等のフィルターを通すことで、ほど良い距離が生まれ、物語に入り易い気がするので……。現代劇ほど、生々しさを感じないのが良いのかもしれません。
そんな私が、今ハマっているのが山田風太郎先生の小説「甲賀忍法帖」です。

読みやすい文章に、魅力的なキャラクター達。奇想天外な忍術や、アクションシーンの数々。
何十年も前の作品とは思えない位読みやすく、そして色褪せない面白さがあります。
章タイトルにあるように、内容を一言で言うと「忍術版ロミオとジュリエット」。
対立する忍者の一族の跡取り同士が恋に落ち、将来を誓い合いますが……権力者の命令で、一族同士が血みどろの戦いに突入していきます。

敵味方に分かれても、仲間を殺されても、お互いへの想いを消せない二人。
過酷な運命の中で、精一杯自分の意志を貫こうとする登場人物の姿が、清々しいです。
初々しい恋に、血沸き肉踊るアクション。
悲恋の物語と、奇想天外な忍法バトルが一緒に楽しめる小説。
それが「甲賀忍法帖」です。

コミカライズされ、「バジリスク」の題でアニメ化もされていますが、やはり原作には、格別な魅力があります(漫画やアニメも傑作ですが……)。
ワクワクしながら物語の世界にどっぷり浸り、ひととき日常を忘れる……。そんな時間を与えてくれる、稀有な物語だと思います。

ぜひ一度、手にとってみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です